姫野病院 糖尿病・腎臓病外来 スタッフのブログ

姫野病院 糖尿病外来・腎臓病外来HOME > 姫野病院 糖尿病・腎臓病外来 スタッフのブログ

2015年2月、岡山県で『第49回糖尿病学の進歩』がありました。

糖尿病に関連した学会は多くありますが、医療関係者でなくても分りやすい内容もあり

糖尿病が苦手と思われている方も参加可能です。

もちろん、その土地の観光とグルメも忘れずに・・・

岡山城と思わせて備中高松城に行ってきました。 グルメは、ままかりのお寿司。

勉強にもなり、楽しくもあった岡山への旅でした。

 

 

 

平成25年9月14日  みやま市の 保健医療経営大学で講演をさせて頂きました。(^○^)  
              

テーマ  『糖尿病と糖尿病看護を振り返ろう』 ~ダメな事よりできそうな事~

 

糖尿病についての研修会の依頼でしたが、糖尿病看護をされている看護師のみでなく多職種の方や糖尿病に詳しくない方もおいでになるとの事で・・・   (^◇^)

まず正常な糖代謝や血糖維持について、次いで糖尿病とは・・・最後に糖尿病看護におけるアプローチ方法として理論(変化ステージ・健康信念モデル・自己効力理論)を紹介させて頂きました。

約80名ほどの参加があり、アンケートでは、「分かりやすかった」「難しかった」「事例を交えて詳しく知りたかった」などの

ご意見を頂き、大勢の方に講演する事の難しさを痛感した1日でした。

講演を通して、私自身も糖尿病や理論を振り返る事ができて良かったと思います。

 多忙な中、研修会のために準備頂いた役員の皆様に感謝致します。今後もご依頼   あれば、対象者や人数に合わせた研修会や講演など協力させて頂きたいと思います。

☆ (゜o゜) 実は緊張でガチガチでしたが無事に終了できてホッとしてます ☆

   

                     糖尿病看護認定看護師   平塚元一

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

昨日は七夕☆でした。

 

 

休日も勉強に励む糖尿病チームメンバーで佐賀で開催された第8回 九州・沖縄 SMBG糖尿病セミナーに参加してきました。

午後のグループワークでは千葉の東金病院の平井院長と『SMBGの有効活用』ファシリテーターを中心にディスカッションしました。

患者様に間食の前後でSMBG(血糖自己測定)してもらい血糖モニタリングしたり、

家族や医療者がリスクマネジメントにうまく活用していけるよう取り入れていきたいです。  

 

 

写真:平塚Ns、管理栄養士、美男・美女の薬剤師3名です(^▽^)

朝9時から夕方5時まで長時間にわたりお疲れ様でした。

 

管理栄養士  上野愛果

 

 

先月私の地元、大牟田市の病院である曽我病院さんの方で、糖尿病についての勉強会を行いました。

糖尿病看護認定看護師として、全職員(多職種)を対象に勉強会をして欲しいとの依頼でした。

昼休みを利用して40分ほどでしたが、「糖尿病の豆知識」と言うテーマで話させて頂き、約70名ほどの参加がありました。  

みなさん大変熱心に聞いて頂き、ありがたかったです。

勉強会終了後には低血糖に関する質問があり、看護の中に役立ててもらえるのではないかと思います。

次回はフットケアについての勉強会をやらせて頂くようになりましたので、私も勉強し直して皆さんのお役に立てるように

頑張りたいと思います。 最後に、貴重な時間を頂いた曽我病院の担当管理者とスタッフの皆さんに感謝したいと思います。

御無沙汰しております(・・;)

早くも梅雨入りしましたね!

今日は5/16~18に熊本で開催された第56回 日本糖尿病学会年次学術集会の報告をしたいと思います。

今回は熊本日帰り3日間というなかなかハードな学会でした。
今回の学会での食事療法は『糖質』がキーワードだったように思います。
 
  
以前から話にあがっていた食品交換表にカーボカウントを導入する件ですが
どうやら糖尿病交換表にカーボカウントがはいるというより、カーボという単位は使用せず糖質量で統一し導入するようです。
交換表と互換性をもたせるために1カーボ18gにすればいいのではといった意見もありました。。。(炭水化物1gは4kcalのため)
 
カロリー主体の交換表と炭水化物量を主体とするカーボカウント互換性はあるのでしょうか・・・??
 
 
 

 

写真:糖尿病のシンボルマークであるブルーサークルにちなんで熊本城がブルーにライトアップされています☆ミ

熊本だけにとどまりませんが、熊本に行くとあらゆるところにくまもんが・・・

 

それでは最後はくまもんでお別れです!

んなーね!  (熊本の方言でさようなら)

 

 

 

 

                   

 

                        管理栄養士:上野 愛果

 

こんにちわ!! 作業療法士 堂本郁香です。

今回、2月15~16日 三重県四日市市にて二日間に渡りおこなわれました、糖尿病学会へOT井口さん・堂本 Ns平塚さんと参加してきました。

同僚の先輩は仕事終わり新幹線ホームへ走り、久留米⇒名古屋へ☆ 

翌朝早起きし、在来線にて四日市へ到着するも・・・ホテルへタクシーが出払っており雨の中30~40分待ちぼうけにて~やっと~やっと~会場へ到着しました。

 

 

 

 

 

 

↑ 会場様子です。

私はコメディカルスタッフのため、糖尿病療養指導士について・運動療法の意義と実際・シックディへの対応・インスリン導入の進め・・・最近世の中で熱い 糖尿病療養指導における禁煙支援の知識・・・

夜間帯の血糖変動と交感神経活動の関係・高齢者の糖尿病・うつ病などなど・・・4会場まわりながら勉強させてもらいました。

その中でも、療養指導における行動変容のスキルという演題では、糖尿病=自己管理の病気として どのように患者様さまの抵抗(心理学ではネガティブ面をこうとらえるそうです)を減らし、やる気をおこしてもらうには!?!?!?!

指導スタッフ側が、指導しても自宅に戻られ実行されなければ同じことです。

患者さまの価値観・性格タイプなど考慮した実際指導内容など発表されました。

実際私が患者様の立場であれば、病気が分かっただけでもショックがあります。

それに加え生活に制限があったり、しなくてはいけないことが増えたり・・・・

その中で入院される方に指導という形で関わらせていただくにつき、もっと基礎知識をかため柔軟性を身に着けたいと思いました。

おまけで・・

名古屋もいきまして

 

 

 

 

 

 

↑時間すぎていたため 外堀より眺めた 名古屋城・・・肉眼ではシャチホコも見えましたよ!

↓きしめん♪ ご当地物はやはり食べなくてはですね。

 

 

 

 

 

  それではまた、

  報告させていただく日まで~

こんにちは、作業療法士の堂本郁香です。

今回久留米で行われたました糖尿病学会に姫野病院より、看護士・リハビリスタッフ数名と行ってきました。

1日目は各自公演を聴き勉強し・・・・・

2日目私はフットケア教室に参加させていただきました。

勉強会では20人前後のグループを3つ編成し、各項目を回って勉強させてもらいます。

①正しい爪切り(爪の掃除からまき爪、肥厚爪のケア方法)          

講師:足爪補正士 サロン「やまのいえ」看護師:奥田晶子さん

 

  

 

 

 

 ⇒リハビリでは 普段見ない道具を実際に使いました。

 

 

 

 

 ⇒巻き爪 テーピング 初挑戦! 隣の看護師さんに手伝ってもらいました。

②安全な角質ケア(胼胝・鶏眼のケア方法)                 

講師:新古賀病院 糖尿病センター 看護部、フットケアセンター看護師:石橋理津子さん

以前姫野病院にて行われました院内勉強会に、以前来て頂いた方です! 初挑戦の方も数名居て、直接指導していただきました!   

 

 

 

 

 

 ⇒ 角質ケアでは、皮膚に見立てて「お餅」 を削りました。 なるほどです!

病棟で私が処置することはないのですが・・・・患者様に質問された際力になれるよう真剣です。 

ここまでいろんな道具をUPしていますが、最近では100均でも良い物があるそうです! 甘皮削り/インソール 等 チェック!

③基本的な歩行評価(胼胝・鶏眼ができる原因をアセスメントする)と除圧方法(フットウエア)   

講師:新古賀クリニック リハビリテーション部:猪熊美保さん
   日本フットケアサービス   義肢装具士:上口茂徳さん

来ました★ リハビリ分野~ 今回公演の方もで理学療法士の方が発表されております。

私は作業療法士のため専門的に歩行分析・指導・訓練は行っておりませんが、

スライド・圧測定器を使用して徐圧・インソール・靴の選び方など勉強させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

  ⇒ リアルな足です。 練習用です。 質感も皮膚みたいです・・・お高いそうですね。

インソールというと・・・理学療法士先輩の顔が浮かびました。汗

 

 

 

 

 

 ⇒ 最後に 講師の先生+スタッフさん と 集合写真です。

初心者の私に詳しく教えていただきありがとうございました★

姫野病院では院内行事「がまだしリーグ」にも委員会で参加予定みたいです。

院内・院外 さまざまな場所で活動しているスタッフ達でした。

作業療法士 : 堂本郁香

まだまだ残暑が続きますが夏バテしていませんか?

8月5日に京都にある高雄病院で今、話題のスーパー糖質制限食(S-SJT食)を試食してきました!!

【献立】

・鮭の照り焼き ゆでブロッコリー

・白和え

・鶏肉と大根の煮物

・豚肉のカレーソテー

483kcal    蛋白質35.6g 脂質30.7g 糖質8.98g

 

御覧の通り主食のご飯はありません。

使用調味料はラカント(植物由来のカロリー0の自然派甘味料)、醤油といたってシンプルです。

高雄病院では調味料もこだわっており塩は赤穂の天塩、しょうゆは2年醸造したものを使用しております。

ごはんがないので味は濃く感じ、満腹感は十分にありました!

 

私は日本人なのでお米が恋しかったです。。。(笑)

次回は糖質制限をする際の要注意食品を紹介します!お楽しみに~(・▽・)/

管理栄養士 : 上野愛果

 私が糖尿病看護認定看護師を本気で目指すようになったのは4年前になります。 姫野病院に就職前より糖尿病看護には関心があり、療養指導士を目指して研修会など参加していました。しかし勤務との両立が難しく集中した学習ができる認定看護師になりたいと考えていました。糖尿病看護への関心があったのは、看護学校での授業で内分泌や解剖生理が好きだった事、治療における看護よりも疾病予防に対しての看護が重要になると考えていたからだと思います。 4年前に偶然インターネットで福岡県に糖尿病看護認定看護師の教育機関ができる事を知りました。田川市にある福岡県立大学看護実践教育センターです。平成20年までは糖尿病看護認定看護師の教育機関は九州にはなく東京など遠方であり実現できるとは思っていませんでした。 しかし福岡県にできた事で本気で合格を目指すようになりました。道のりは簡単なものではなく3回目の受験でようやく合格する事ができました。 入学に当り院長先生・理事長先生始め職員の方々にご迷惑をかけて約8ヶ月職場を離れました。今年無事に認定看護師となりましたが、資格取得後も更新が必要であり今後一層努力が必要だと考えています。職場に迷惑をかけた分も頑張り、患者さんだけでなく地域の方々への貢献につながるように活動して行きたいと考えています。

 認定看護師は現在21分野あります。興味のある方はインターネットで調べてみてはいかがでしょうか。

          糖尿病看護認定看護師    平塚元一

姫野病院 糖尿病・腎臓病外来の専用ホームページがオープンいたしました。

http://dm.himeno-hp.jp/

 

増加する糖尿病および予備軍の患者様に対し、適切な療法をご提供するため、糖尿病専門医の姫野をはじめ、各分野のプロフェッショナルがチームを組んで連携し、患者様に対してオーダーメイドの治療や生活指導を行える体制を整えております。

糖尿病専門医 姫野よりごあいさつ

糖尿病・腎臓病外来の特徴

糖尿病専門医 姫野亜紀裕よりごあいさつ

糖尿病・腎臓病外来スタッフ紹介

 

糖尿病や腎臓病に関する情報も掲載しておりますので、ご覧ください。

糖尿病について

腎臓病について

 

外来受診は、

(月)(火)(木)(金)  10:30~12:30

※水曜日、土日・祝祭日を除く

上記の時間帯で受け付けております。お気軽にお越しください。

診療のご案内

 

また、糖尿病について詳しくお知りになられたい方のために、姫野病院オリジナル小冊子(糖尿病のしおり)を無料でお届けしております。

糖尿病のしおり

ご希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。

 

今後は、糖尿病や腎臓病に関する情報をコラム形式で発信してく予定ですので、糖尿病についてこんな情報が知りたい、というリクエストがございましたら、当院までお気軽にご連絡ください。

 

糖尿病外来スタッフ

姫野病院 糖尿病・腎臓病外来スタッフ一同

 

外来診療のご案内
月・金 9:00~12:00
 14:00~16:30
※火・水・土・日・祝祭日は休診です

このページのトップへ